「今川さん」製作委員会、「今川氏 駿府を愛した戦国大名」企画展に行く

以前にも紹介した「さきがけ博物館事業」の第一回、「今川氏 駿府を愛した戦国大名」がスタートしました。

企画展「今川氏 駿府を愛した戦国大名」開催
2月20日(金)から 3月15日(日)にかけて、静岡市民ギャラリー(静岡市役所本館1階)において、「今川氏 駿府を愛した戦国大名」という企画...

さっそく製作委員会のメンバー総出で(仕事をほっぽり出して)行ってきましたので、簡単に報告します。

初日ということもあってか、会場となった静岡市役所の市民ギャラリーには、とてもたくさんの人、人、人。今川氏にこれほど多くの人が関心をもっているとは思わなかったため、ちょっぴり感動しました(ホントに)。

会場内は撮影禁止だったので写真による報告はできませんが、今川義元、氏親、そして太原雪斎の木像を間近で見ることができたのは、やはりよかったです。木像はどれも古いもののはずですが色鮮やかで状態も良く、とても大切に保管されている感じがしました。

今川といえば義元、少し詳しい人でも氏親、氏真ぐらいしか知らないかもしれませんが、今回の展示では足利将軍家の流れをくむ今川氏の歴史を初代から順々に辿ることができます。

それでもやっぱり興味あるのは義元。

今回の展示では、義元が尾張へ侵攻したのは「上洛が目的だった」という定説のとおりではなく、今川氏の存在感、権威を示すためだったとしています。

何より、駿府が好きで好きでたまらなかった義元が駿府を捨てるわけがない、という解説にシビレました。

やっぱり静岡を代表する武将は今川義元ですっ!

さて、
最後にアンケートに答えたら、今川の「今」の字をデザインした飴と、家康手植えの蜜柑で作ったお菓子をいただきました。

15022001

やっぱり最後は家康か・・・