「今川さん」3DCG化:走る今川さん

ボーンと身体の紐づけを行いました。

写真は、脚のボーン(水色に選択されているボーン)の影響度を示しています。

色が赤に近いほど影響が強く、青に近いほど影響が少ないです。

つまり、脚のボーンを動かしたときに、赤黄色の部分はボーンに合わせて動きますが、

青い部分は全く動きません。

これをすべてのボーンに対して行います。

ボーンの紐づけを行った後は、ついにアニメーションです。

今回は走るアニメーションを作ります。

アニメーションはどうやって作るのかというと、

クレイアニメーション(粘土人形アニメ)に近いです。

ボーンを動かしポーズを作り、そのポーズを保存します。

次のコマでまたボーンを動かしてポーズを作り、そのポーズを保存。

基本的にはこの繰り返しです。

ただ、クレイアニメーションより楽なのは、

1コマ1コマ作らなくてよくて、

1コマ目を作ったら、次は10コマ目を作ると、

2~9コマ目を自動で生成できるというところです。

ほい、「今川さん」が走りました。

「アニメーション=ボーンの動き」なので、

別のキャラに同じアニメーションをさせるのは簡単なんです。

いつか氏真モデルを作ったら、「今川さん」アニメーションをさせてみたいです。

今回はさらに、ゲーム上で動かしてみました。

Unityというゲームを作るためのソフトがありまして、

その中のサンプルゲームに「今川さん」を組み込んでみました。

まだ、まっすぐ走るアニメーションしか作っていないので、

カーブしている時は、サンプルゲーム付属のアニメーションを使ってます。

前からはこんな感じ。

後ろからはこんな感じ。

次回は、アニメーションのパターンを増やします。

そして、今後は、ビーム左文字を持たせたり、駿河アローを撃たせたりしていく予定です。