「今川さん」3DCG化:骨組みだボーン

3DCGをアニメーションさせるために、今川さんにボーン(骨)を組み込みました。

人間と同じで、ボーンによって関節等を表現するのです。

ただし、今はまだ骨を組んだだけで、身体と紐づいていません。

次回は、ボーンと身体の紐づけと、アニメーションを行います。

本当は今回でそこまで進む予定でしたが、

諸問題がありまして…次回に持ち越しです。

ここでちょいと3DCGに関する話を。

3DCGは「ポリゴン」と呼ばれる3角形の板を組み合わせて作ります。

板の数が多ければ多いほど、緻密な3DCGを作りることができますが、

その代わりに膨大な計算量が必要になってしまうんですね。

今回作っている「今川さん」の3DCGは、

スマホアプリで動かすことを前提としているため、

ポリゴン数は少な目に抑えてあります。※2000ポリゴンほど

「今川さん」3DCG