「今川さん」一族の歴史を学ぶ

「今川さん」をより魅力的なキャラにするために、モデルである今川氏のことを知らなくちゃ! というわけで、改めて今川氏関連の書物をせっせと読んでいます。
そのうちの一つが小和田哲男先生の『駿河 今川一族』(新人物往来社)。今川氏の源流から十代氏真、そして今川家の断絶までの歴史が詳しく書かれています。図書館で借りて、手元に置いておきたいな〜と思ったものの、昭和58年の発行なので手に入れるのは難しいかとあきらめかけたのですが、この1月に『駿河今川氏十代』(戎光祥出版)と、書名・出版社を変えて再刊されていました。早速手に入れましたが、写真や図版なども、より見やすくなっているのがうれしいところです。
初版から長い時間を経て今再刊されるということは、今川氏に対する注目度が上がってきている証拠でしょうか?

今川氏といえば、静岡市民ギャラリーで開催中の「今川氏」展の関連イベントもなかなか面白そうです。
imagawaten

静岡の街は家康がつくったということがよく語られますが、その下地には今川氏が築いた文化があったのではないかなと感じています。
あまり取り上げられることの少ない今川氏については、まだまだ知らないこともたくさん。皆さんと一緒に知識を増やして行ければいいなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加